蘇我の小児歯科 矯正歯科 蘇我こども・おとな歯科医院 一般歯科 虫歯 歯周病 歯茎

千葉市中央区南町2-16-5 海気館蘇我駅前ビル1F
年中無休 夜21:00まで診療(日祝も可)
インターネット受付はこちら
043-312-2082
診療時間
09:00~13:00
15:00~21:00

一般歯科

一般歯科について (虫歯、歯周病、入れ歯、審美、障害者歯科、被せ物)

一般歯科

当院の一般歯科では、主に虫歯と歯周病(歯槽膿漏)の治療を行います。
歯と歯茎のトラブルは、どんなことでも、お気軽にご相談ください。

虫歯治療

虫歯は、「ミュータンス」と呼ばれる細菌が歯に付着した糖を利用して酸をつくり、その酸によって歯が溶け、やがて穴が開く疾患です。
初期の虫歯ですと、自覚症状も無く痛みも伴いませんが、虫歯が進行するにつれ、患部に細菌が繁殖して広がり、歯が痛み始めます。そのままに放置すると、他の健康な歯にも影響を与える場合がありますので、早期の治療が必要です。

審美歯科について

被せ物や部分的なメタルは、審美治療を行う事により、天然の歯を殆ど変わらない色調、強度にまでもっていくことができます。材料により様々な種類が有ります。

また、見た目だけでなく身体親和性の高い素材(体に悪影響が無い素材)などの選定により金属アレルギーでお悩みの方にも安心なメタルフリー治療も可能です。

かぶせもの(クラウン)

オールセラミック

上の前歯六本をオールセラミックを入れています。

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。

現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるジルコニアなどを使用することにより、黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

メタルボンド

全てセラミック素材でできているオールセラミックと違って、歯を作る際の土台に金属を使用しているので、色調や透明感は多少劣りますが、非常に丈夫で長持ちであり、奥歯やブリッジなどの強度が求められ部分にはオールセラミックよりメタルボンドが適しています。

ジルコニアセラミック

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。

しかし金属のかわりに「白いダイアモンド」といわれるジルコニアをフレームに使用し、外側をオールセラミックで加工した「ジルコニアセラミック」により、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。

詰め物(インレー)

セラミックインレー

歯の咬む面に詰めた金属や変色してしまった樹脂をセラミックで詰めることにより、ほとんど治療のあとを目立たなくすることができます。

ハイブリッドインレー

ハイブリッドセラミックとは、セラミックの粒子とレジンを混合させた材質です。
セラミック単体に比べ弾力があり、周囲の歯に負担をかけないというメリットがありますが、色調はセラミック単体に比べ多少劣ります。

保険でも歯を白く出来ます

症例によっては保険でも歯を白くする事は可能です。但し、時間がたつと、着色が目立ち、又、強度も自費の物と比較すると弱くなります。

ホワイトニングについて

ホワイトニングとは、ブリーチングとも呼ばれますが、生活習慣、加齢、遺伝、その他の原因で歯の表面に付着した色素を安全な薬剤の力で白く(漂白)していくものです。

当院ではホワイトニングには2種類のコースを自費診療にて用意しております。レーザーホワイトニングとマウスピースホワイトニングが有ります。

マウスピースホワイトニング

ホワイトニング用専用のマウスピースを作製し、それに、ホワイトニングジェルを着けて、一日5h程装着をして、白くしていく方法です。レーザーホワイトニングと比較して後戻りが遅く、長く白い歯を保つ事が可能となります。

エアーフローの治療

エアーフローの使用で、歯垢、歯石、着色の除去を行います。

歯石、歯垢の除去の時の、キリキリする道具の音が苦手、、、とゆう方は多いと思われます。そんなときは、当院では粉を歯面に着けて、その表面を磨く方法があります。
以下の写真をご覧下さい。通常の歯石、歯垢の除去よりも綺麗に仕上がります。

義歯について

入れ歯が痛くてうまく噛めない、入れ歯が合わなくなってきたというお悩みをもつ患者さんが多いのが現状です。

そこで当院ではしっかり噛めて痛みのない入れ歯の製作・調整を行っております。

やわらかい義歯(シリコンデンチャー)

歯ぐきに接する入れ歯の内側にシリコンを貼りつけた義歯です。

通常の入れ歯では痛くて食べ物が噛めない方に最適です。精度が高くお口にぴったり合い、クッション効果により噛み締めることができ歯ぐきを優しく保護します。

また、噛む力が今までの入れ歯の2倍に近くなり入れ歯の安定性が増し、吸着力がよく外れにくくなります。

金属床義歯

金属は強度に優れているため、薄く処理出来るというメリットがあり、これはレジン床で見られるような「話しにくい」という欠点を大幅に改善出来ます。 また、金属の熱を伝えやすいという特性は、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく頂けるといったように食事が美味しく頂けるようになります。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメント義歯とは、入れ歯の安定感やものを噛む能力を高める方法です。
すっきりとした装着感で、固定するためのバネがないため、装着方法も取り外しも簡単で、お口の中の違和感も軽減されます。

留め金の無い義歯(ノンクラスプデンチャー)

部分入れ歯の金具が見えてしまうという欠点を、周囲から入れ歯であることが分からないように改良したのがこのノンクラスプデンチャーです。 口元に金具が見えることに抵抗のある方に適しています。

障害者歯科って具体的にどのようなもの?

具体的には、歯科治療に慣れるためのトレーニングからはじめ、患者様ご本人やお付添いの方へ、障害の種類や状態、注意事項などをお伺いしその上で、適切な治療方法を判断し治療計画を立案します。

これらを踏まえ、実際の歯科治療(検診、治療、クリーニングなど)を行います。
また、必要な場合には静脈内鎮静法(麻酔によるリラックス療法)などを併用し、治療を行う場合もあります。

特にご高齢の方で、脳梗塞後遺症、心筋梗塞、糖尿病、高血圧、不整脈といった全身状態の合併症を患われている患者様の場合、術前に通院されている医療機関と連携し、全身状態を考慮しながら歯科の治療が円滑に行えるように治療計画を立案します。

絵カード

視覚からの情報伝達が優位と言われる自閉症の方などに、言葉かけに加えて絵カードを使った説明をすることで、スムーズに治療が可能な場合があります。

TSD法

使う道具をTell(言葉で説明)、Show(実際に見せる)、Do(動かす)ことで、歯科の道具に対する不安感を払拭します。

AED(自動体外式除細動器)を導入しております

当院では、AED(自動体外式除細動器)を備えており、不慮に起こる心臓病の発作にもすぐに対応できるようにしてあります。

これは、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショックを与え、心臓の働きを戻すことを試みる為の医療機器です。

また、歯科治療中に不意に起こる全身状態の悪化にも、近隣の医療機関(病院など)との連携体制整えておりますので、安心して治療に専念していただくことができます。